農産物直売所・野菜直売所(個人農家や道の駅など)農産物直売所ポータルサイト

■お知らせ
道の駅あわじ(兵庫県)を追加しました。
道の駅思川(おもいがわ)(栃木県)を追加しました。
道の駅伊達の郷りょうぜん(福島県)を追加しました。
道の駅木更津うまくたの里(千葉県)を追加しました。
いなほてらす(東松山農産物直売所) JA埼玉中央(埼玉県)を追加しました。

■農産物直売所や野菜直売所をご紹介!

当サイトは、数ある農産物直売所や野菜直売所を実際に訪問し、そのレポートをご紹介するサイトです。 農産物直売所を利用したい方の参考の一助になれば幸いです。 また、逆に農産物直売所をやってみたい農家には開業のヒントになる 農産物直売所を始めるには(開業・出店する方法) が参考になるかも知れません。

農産物直売所や野菜直売所は全国にいろいろな形態でたくさんありますが大きく分けると次の2つに分かれます。 一つは農家が自分の畑や自宅のそばの道路沿いに直売小屋を建てたりコインロッカーみたいな形の ポックス型の自動販売機などを設置して直接販売する例です。
この例は農家が出荷できない規格外の野菜などを安く販売することが多く、 野菜の形や大きさを気にしなければ、採れたてで新鮮な野菜を安い値段で買い求める事ができます。 販売形態は無人販売形式が多く、かごやビニール袋などに野菜を入れて販売し、 購入者はお金を入金箱に入れて野菜を購入する事ができます。 この形態の販売所は地方や郊外に限らず東京23区内などでも世田谷区や杉並区、練馬区などに多く点在いたします。

もう一つは、道の駅や農協(JA)、または農家が複数集まって出資して出店する比較的大きな販売所の施設です。 多くは農家が朝採れた野菜を販売所に持って行き、自分専用の割り当てられた販売コーナーやバスケットなどに野菜を入れて 自分で値段を決めて販売する形式です。売れた金額の何割かが店舗運営側の利益になり、残りは全部農家のものものとなります。 この形式のメリットとしては通常の出荷の場合と比べて中間マージンが少ないので、 農家も通常の出荷よりも高く値段設定ができ、購入者も通常の値段よりも安く買える点です。

いずれにしても農産物直売所を利用するメリットとして共通するところは、新鮮な野菜を安く購入できるという点です。 しかし、農産物直売所は近くのスーパーと違って自宅近くになかったり、あったとしても何処にあるか わからないという点がネックとなって利用する機会が少ないのではないでしょうか。 このサイトでは、できるだけ実際に訪問した農産物直売所をご紹介いたします。 最初は主に首都圏となりますが、徐々に範囲を広げて行きたいと考えております。時々覗きに来ていただければ幸いです。

※このサイトでご紹介する農産物直売所の情報は訪問した時点での情報ですので現在の最新情報とは限りません。 特に野菜の種類や値段は季節や天候により常に変動しているものですのでご了承願います。 また、住所等も正確でない場合もあるかも知れません。もし実際に訪問してこのサイトで紹介した内容と違っていたとしてもご容赦願います。 (免責事項)

※掲載されている農産物直売所の情報の変更や削除のご希望がある場合には、 恐れ入りますがご要望送信フォーム よりご連絡下さい。(該当直売所の関係者の方に限ります)

農産物直売所・野菜直売所めぐり


※リンクについて
農産物直売所ポータルサイトへのリンクは公序良俗に反しないサイト様であれば自由にしていただいて結構です。 また、サイト内の写真や文章は、当サイトオリジナルのものです。複製や転用、転載を行うことは禁止いたします。 詳しくはリンク及び著作権についてをご覧下さい。