道の駅の農産物直売所 農産物直売所ポータルサイト

農産物直売所TOP > 道の駅の農産物直売所

■道の駅の農産物直売所

道の駅は全国に1,145施設(2018年4月25日現在、国土交通省に登録されている数)ありますが、その敷地内に農産物直売所が併設されているところがあります。 これらは地元の農協(JA)が主体となって運営されていることが多く、新鮮で安い野菜が提供されており、 わざわざ遠くから買いに来るようなお客さんもいて、いつも賑わっているようです。 道の駅の農産物直売所の特徴としましては、道の駅自体が地方に多くあり、車で来店するお客様が中心になります。 車で来るお客様は手荷物で持って帰るわけではないので、大量買いするお客様もおり、都市部とは違った熱気と賑わいがあります。

運営主体が地元のJAとなっていても、通常はJAに所属する農家から出店希望者を募集して数十人規模の農家で構成される事が多く、 それぞれの参加する農家は、自分の販売コーナーに自分で野菜を置いて販売するような形態を取っている所が多いです。 農家は売れた金額の何割かを運営主体である農協や共同出資者で作る運営母体に収める形をとります。 この流通形態は当然の事ながら、中間マージンがほとんどないわけですので、野菜自体の値段も安く設定できるという訳です。 また、野菜は朝に収穫したものを農家が売り場に並べるので新鮮な野菜が置いてある事になります。 それでは道の駅の農産物直売所をご紹介いたします。

道の駅伊達の郷りょうぜん(福島県)

道の駅川場田園プラザ(群馬県)

道の駅思川(栃木県)

道の駅もてぎ(栃木県)

道の駅サシバの里いちかい(栃木県)

道の駅はが(栃木県)

道の駅いちごの里よしみ(埼玉県)

道の駅富楽里とみやま(千葉県)

道の駅とみうら枇杷倶楽部(千葉県)

道の駅三芳村鄙の里(千葉県)

道の駅保田小学校 きょなん楽市(千葉県)

道の駅木更津うまくたの里(千葉県)

道の駅にらさき(山梨県)

道の駅しらね(山梨県)

道の駅とよとみ(山梨県)

道の駅あわじ(兵庫県)


農産物直売所・野菜直売所めぐり